調教系男子 オオカミ様と子猫ちゃん:18話のネタバレやあらすじ!感想と次話予想も!

あづみ悠羽先生、槇原まき先生のマンガ『調教系男子 オオカミ様と子猫ちゃん』18話のネタバレ・あらすじ感想を紹介します。

前話では、

理解ある夫のふりをしたせいで深雪が慎に連れ去られかけたのだと誠司に告白され、誠司に束縛されるのなら嫌じゃないと深雪は答えました。

ご褒美にしてほしいことを聞かれた深雪は、縛ってほしいと言います。

誠司は深雪を抱きながら、両親に愛されなかった悲しい子ども時代を思い出しました。

誠司は深雪に慎を呼び出させました。

深雪が騙されてショックを受けていると誠司が言うと、護ろうとしたのだと慎は声を荒げます。

深雪は誠司に洗脳されているという慎の言葉を聞き、彼女の乱れた姿が慎を苦しめることに誠司は優越感を感じました。

ということでしたが、いったいどうなるのでしょうか?

調教系男子 オオカミ様と子猫ちゃん:18話のネタバレやあらすじ

誠司は慎に初めて会ったときのことを思い出していました。

慎の深雪に対する隠しきれない想いを感じ取り、彼を排除する決意をしたのでした。

誠司が慎に横恋慕をやめるよう言うと、慎は自分が先に好きになったと声を荒げます。

誰があの夜に寝室のドアを開けたかではなく、慎が覗いたことが問題だと誠司が言うと、純粋な深雪を洗脳して玩具にしていることを深雪の親にばらすと慎は誠司を脅します。

誠司は酔い潰れた慎の言うことには信憑性がないし、酔っていなかったのなら素面で深雪をソファへ押し倒したことになるのだから容赦しないと返します。

深雪を自分のものにしたかっただけだろうと誠司に言われた慎は、言い返すことができません。

もう慎の愛した純粋な深雪はいないのだと誠司は言い、彼女に近づくなと告げて席を立ちます。

慎が自分たちの緊縛プレイを見て敗北感を味わい深雪に詰め寄ることで、深雪が彼を嫌い排除できるという誠司のシナリオ通りになりました。

家に帰った誠司は、慎に理解してもらえなかったことを深雪に謝ります。

誠司以上に大切な人はいないのだから慎と疎遠になっても構わないと言う深雪に、誠司は愛を感じながら一生離さないと誓います。

体調不良で会社を休む深雪に誠司が電話をかけ、彼女が病院に行ったことを知ります。

詳しくは家で話すと言われ電話を切ると、誠司は不安を抱えながら家へ急ぎました。

思いのほか顔色のいい深雪が誠司を迎え入れ、満面の笑みで母子手帳を見せました。

両親に愛されなかった自分の過去を深雪が意識するように、誠司はあえて意味深な言葉で喜びを口にします。

お腹の子どもが永遠に深雪を自分のものにするための枷になると誠司が考えていると、深雪は誠司がいるから自分は幸せだと言い、生まれてきたことにお礼を言ってくれました。

それを聞いた誠司の目には自然と涙が流れ、もう彼女なしでは生きていけないと幸せを噛み締めます。

調教系男子 オオカミ様と子猫ちゃん:18話の感想

見事に誠司のシナリオ通りになり、誠司の頭の良さと深雪への執着度に最後まで驚かされました。

悲しい生い立ちのせいで愛を感じられなかった誠司が、深雪のおかげで心の底から幸せになれて嬉しかったです。

刺激が強くて異常な愛でもあったけど、結局愛に飢えた男性の純愛物語だったなと、最後にはほっこりした気持ちになりました。

調教系男子 オオカミ様と子猫ちゃん:18話の次話予想

二人の子どもが生まれ、さらに幸せな生活が続くと思います。

でも深雪の深い愛情が子どもに注がれ、誠司が壊れてしまうという結末も想像できます。『調教系男子 オオカミ様と子猫ちゃん』18話のネタバレやあらすじ、感想と次話予想についてご紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました